売り上げを左右する店舗デザインのポイント


店舗のコンセプトを明確にする

店舗デザインのポイントは、提供したいサービスや商品との関連性を大切にすることです。つまり、ターゲットとなる利用客の立場になり、入りたくなる店舗に仕上がっているのか判断します。そのためには、コンセプトを明確にすることも求められます。高級な商品を提供する予定なのか、リーズナブルで親しみやすいサービスで展開するのかで目指すべきデザインも異なるでしょう。特に店舗外観のデザインは、集客力を如実に反映する部分です。コンセプトとデザインが一致していれば、来客が望めます。

店舗デザインはカラーで考える

理想的な店舗デザインは、外観から見ただけでも提供されるサービスや製品の内容が伝わります。サービス内容を連想させることで、興味を持ち、来店に繋がるでしょう。一方で、奇抜すぎるデザインにすると、確かに最初は視線が集まります。しかし、肝心の商品やサービスを連想することができなければ、すぐに興味も失われて集客力アップは望めません。また、店舗デザインには基調となるカラーが大切です。それには、提供するサービスや製品のカラーを想像しましょう。飲食店であれば、暖色系が好まれます。赤や黄色、茶色などです。一方で、寒色系は冷たい雰囲気を連想させ、飲食店の基調には合いません。

店舗デザインの決め手はライティング

店舗デザインでアクセントをつけたいなら、ライティングを活用しましょう。外観で看板にライティングを使えば、店名がはっきりと分かり、夜間の営業も分かりやすくなります。店舗内では、スポットライトで商品を目立たせ、客の視線を誘導します。また、天井にダウンライトを埋め込めば、空間に広がりが生まれエレガントで落ち着いた雰囲気を作りことも可能です。

店舗デザインをする時には専門的な知識を持っている方が必要になりますので、専門知識がない場合は外注する方法が最適です。