どう選ぶべき?二世帯住宅を選ぶ前に知っておきたいタイプとは


どこまで独立した生活を送るか

二世帯住宅を選ぶうえでポイントとなるのは、どこまで独立した生活を送るのか、という点です。息子夫婦と両親が全く別環境で生活するのか、それとも食事などを一緒に取るのか、それによって間取りが異なるのです。例えば、トイレやお風呂を別々に用意することで、生活時間が合わなくてもお互いに問題なく生活できるようになります。おすすめなのがキッチンを別々に分けて生活することで、お互いが料理を邪魔することなく自分たちの生活に集中することができるのです。独立していればプライベートな空間を保つことができますし、共用スペースが広ければ育児の手伝いなども期待できます。大切なのは、どちらの世帯も納得できる形で間取りを実現することなのです。

建物の形で分ける二世帯住宅

二世帯住宅は上下で家を分けるのか、それとも縦に分けるのかで間取りが大きく変わります。つまり、2階建て3階建ての住宅を建築するのか、それとも連棟か別棟かで話が変わるのです。上下の場合、バリアフリーが非常に重要になります。上の世代の方でも安心して上り下りできる環境を作っておくことは大切ですし、3階建てならなおさらでしょう。別棟の場合は、きちんと連絡を取り合えるかどうかを重視することが大切です。いかに距離が離れていても、二世帯住宅なのでコミュニケーションは密に取れなければ意味がありません。また、建物の間にできるスペースをどう管理するのかもポイントとなるので、きちんと話し合っておきましょう。

二世帯住宅を建てる場合は、後々世帯間でトラブルにならないように、世帯間で時間をかけて話し合っておくことが重要です。