収納の作り心地で住み心地は変わる!注文住宅の設計を提案


ウォークインクローゼットは小物も収納できる

広々とした収納スペースがある注文住宅を建築したい時には、衣類の整理整頓も楽になるウォークインクローゼットを活用してください。収納スペースの中に直接入って衣類を探せるので、コートなどを収納した場所を探す際に混乱せずに済みます。注文住宅であればウォークインクローゼットのデザインも自由に変更できて、棚を多く取り付ける事で小物入れとして活用する事も可能です。

床下収納の活用法を考える

小さな土地に注文住宅を建てる事になったので、広々とした収納スペースを用意できずに困っているのなら、床下収納を最大限に活用してみましょう。住宅の一階部分の全ての部屋に床下収納を取り付けるだけでも、クローゼットなどの収納スペースを広く使えるようになります。床下収納の内部は一定の温度に保ちやすいので、ワインなどのアルコール類を保管する場所としても最適です。

ロフトも収納スペースとして活用しやすい

夜空を眺めるために広々としたロフトを注文住宅に作った時には、ロフトの一部を収納スペースとして活用してください。ロフトにタンスなどを置いておくだけでも部屋を広々と使えるようになりますし、子供用の勉強机をロフトに設置すれば子供部屋も広く使えます。

子供も喜ぶ土間収納の広さ

キャンプや釣りなどのアウトドアの趣味を持っている方々が注文住宅を建築する際には、玄関に土間収納を作っておくと、釣竿やキャンプ用具を持ち運ぶ際に苦労しません。広々とした土間収納を作れば、子供も野球道具や自転車などの置き場所に困らず、活発に外で遊びやすくなります。

愛知の注文住宅において最低必要な予算は、建物と土地だけではなく諸経費なども入れて平均4500万円から5000万円前後であるといわれています。