意外と見落としがち?賃貸物件の選ぶポイント3選


通気性の良さが重要なポイント

賃貸物件を選ぶ際に意外に見落としがちなのが室内の通気性の良さです。例えば各部屋に窓が設置されているか、窓を開けて空気が部屋中に入ってくるのかは内見の際に調べておきましょう。普段あまり意識しない点ですが、実は通気性が悪いと夏場のカビが発生しやすくなります。カビは特に湿度を好みます。部屋がしっかりと換気されていないと湿気が室内にこもりやすくなり、カビが好む環境を作ってしまいます。見た目にも衛生面にもデメリットとなるので注意してください。

防音対策はされているか

賃貸物件の場合、ほとんどがマンションやアパートのような集合住宅です。集合住宅では隣人も住んでいるため、壁などに防音対策がなされていないと、生活音が聞こえてしまうこともあります。また、上階に人が住んでいる場合には、上の階の住人が歩く音でさえ響いてしまう可能性も高いです。また、自身の生活音も隣人にしまう可能性も高いため、夜遅くにテレビを大音量で流したり音楽を聞いたりは絶対に避けましょう。一般的に木造住宅では防音対策が不十分な場合が多いため、事前にチェックしておくと良いでしょう。

周辺の環境にも目を向けよう

意外と見落としがちですが、物件の中だけでなく、その物件の周辺の環境にも目を向けましょう。たとえば物件が大通りに面している場合、夜中でも車が通る可能性が高く、騒音の原因になる可能性があります。また車の排ガスによって洗濯物を外に干すことができないこともあるため、確認しておきましょう。また、物件の近くに深夜営業の飲食店などがあると、夜中の人の出入りが激しく、時に酔った人が大騒ぎするなど騒音の原因になることも考えられます。

室蘭は函館にも新千歳空港にも近く、国内外の移動にはとても便利な地域です。室蘭の賃貸はビジネスなどで移動が必要な時にも簡単に行えます。