起業して初めてのオフィスを持つときの探し方は?


まずは、事業の運営に無理のない予算で探す

起業をして初めてオフィスを構えようというとき、まず迷ってしまうのが物件選びではないでしょうか。最初から潤沢な資金がある場合は別ですが、そうでなければ選ぶ際の大きなポイントの一つは経営に負担のない賃料で借りられる物件ということになります。その上で、その予算内で借りられるものを探すと、まず最初の選択肢は、都心の便利なところにごく小さなオフィスを探すか、交通のアクセスは良くなくてもそこそこの広さのある場所を探すかということになります。名のあるオフィス街などにオフィスを持つことは、たとえどんなに狭くても住所のネームバリューという点で優れ、お客様や取引先の信頼を得やすいというメリットがあります。そうではないところにある程度の広さを確保できる物件を借りるなら、社内のレイアウトを工夫することができたり、将来的に人が増えたりしてもしばらくは対応できることになります。いずれは都心の一等地に大きなオフィスを持つ日が来るとしても、まずはそれぞれのニーズに応じて身の丈にあった物件を選ぶことが大切です。

多くの物件を見て、納得のいくオフィスを探す

オフィスの場所を決めたら、情報は出来るだけ広い範囲から集めましょう。インターネットでの情報収集はもとより、地元の不動産屋さんなどを回ると掘り出し物に出会えることも少なくありません。物件を見るときには、自分の借りたいスペースだけでなく、エントランスの印象や共用部分の清掃等が行き届いているかなどもチェックすべき点です。また、それぞれに応じて駐車場の有無やインターネットの環境、どのようなセキュリティー対策がとられているかなども確認が必要です。

数多くの企業が自社拠点を構えるビジネス街のオフィス物件は、常に争奪戦状態です。中央区で賃貸オフィスを確保するには、同分野に強い専門斡旋業者だからこそ知り得る情報の収集が鍵となります。